CRMソリューション

統合CRMシステムを導入し、関連コンテンツを整備します。業務高度化、オムニチャネル対応、自己解決促進などのために、Salesforce Service Cloudをコアシステムとして利用し、システムを作るのではなく使い倒す戦略で導入します。

CRMソリューションとは

統合CRMシステムを導入し、関連コンテンツを整備します。業務高度化、オムニチャネル対応、自己解決促進などのために、Salesforce Service Cloudをコアシステムとして利用し、システムを作るのではなく使い倒す戦略で導入します。

従来のウォーターフォール型開発では、業務とシステムの視点がずれて、センター高度化のボトルネックとなります。
それを避けるため、プロトタイプ使い、アジャイル手法を用いた専用方法論により、ユーザを全てのフェーズで討議に巻き込み、業務コンサルティング手法も駆使して、標準機能を最大限に活用した新プロセスを作ります。追加機能や他システム連携の開発も最小限になり、将来に渡ってシステム高度化のメリットを享受し、マルチクラウドでコンタクトセンター外との情報連携も加速します。

システム導入と並行して、内部ナレッジ、外部FAQなどのコンテンツも整備します。テキストマイニングを取り入れた方法論によりナレッジを最適化することで、自己解決の促進やKCS(ナレッジセンターサービス)の実現を推進します。継続的改善プロセスが定義され、A-CRMチームにつなげるのが有効です。

特長

プロトタイプ環境によるアジャイル手法を用いた、専用導入方法論

プロトタイプ環境によるアジャイル手法を用いた、専用導入方法論

専用導入方法論用いて、分析から設計フェーズまでプロトタイプ環境を用いたアジャイル方式でプロジェクトを進めます。ユーザを巻き込み、標準機能を最大限活用し、将来の運用変更にも柔軟に対応します。
システム導入、業務設計、コンテンツ設計を、同時進行

システム導入、業務設計、
コンテンツ設計を、同時進行

CRMシステムの導入と並行して、業務改善や改革を実行し、外部FAQや、内部ナレッジなどコンテンツの整備も同時進行が可能です。
導入プロジェクトからA-CRMチームへのシームレスな連携

導入プロジェクトからA-CRMチームへの
シームレスな連携

導入フェーズ未解決の重要な課題と、検討結果を引き継いで、A-CRMチームにシームレスに連携します。このことで、業務への適用力を最大化します。
追加開発を最小限にする、適合性検討アプローチ

追加開発を最小限にする、
適合性検討アプローチ

要件を聞いて、標準機能での実行可否をいきなり決めるのではなく、新業務フローとあわせて、繰り返し要件を咀嚼することで、業務が効率的に動くための手段を策定します。
追加開発やAPI 連携は、ウォーターフォールで確実に開発

追加開発やAPI 連携は、
ウォーターフォールで確実に開発

専用方法論を用いて、標準機能導入とは別に、追加開発やAPI連携などの、開発が必要な機能については、ウォーターフォールモデルにより、確実にシステムを開発します。
Salesforce中心のスケーラブル導入とマルチクラウド対応

Salesforce中心のスケーラブル導入と
マルチクラウド対応

コンタクトセンター高度化の機能を備えたSalesforce Service Cloudの導入、他部門との情報連携に向けてマルチクラウド化、チャット、外部FAQ、内部ナレッジ基盤として部分導入可能です。
CRMソリューションのご紹介

CRMソリューションのご紹介

CRMソリューションとは、CRMシステムの高度な機能を活用することにより、コンタクトセンタ運用を高度化するソリューションです。

ぜひこの機会に新たなコンタクトセンター の世界をご確認ください。

CRMソリューションに関するお問い合わせ

OFFICIAL SUPPORTER