自動応答ソリューション
(ChatBot/VoiceBot)

ChatBot、VoiceBot対象のやり取りについて、コンタクトセンターでのトーククスクリプト作成力を
活かし、お客様との対話がスムースに進むようなシナリオやコンテンツを構築します。

自動応答ソリューションとは

オムニチャネル型コンタクトーセンター実現の一環として、顧客の自己解決を促進するためのChatBot、VoiceBotなどの自動応答システムを導入し、そのシナリオやコンテンツを作成します。音声認識されたテキスト情報を、コールリーズン分析を実行し、QA、ChatBot対応、VoiceBot対応、有人対応などに分類します。

ChatBot、VoiceBot対象のやり取りについて、コンタクトセンターでのトーククスクリプト作成力を活かし、お客様との対話がスムースに進むようなシナリオやコンテンツを構築します。製品は、XXBOTを用い、ChatBot、VoiceBot双方に対応しますが、シナリオ作成力を、お客様指定の基盤に適用することもあります。継続的改善プロセスが定義され、A-CRMチームにつなげるのが有効です。

26610_bellsystem24_chatbot_r2

特長

プロトタイプ環境によるアジャイル手法を用いた、専用導入方法論

プロトタイプ環境によるアジャイル手法を用いた、専用導入方法論

専用導入方法論用いて、分析から設計フェーズまでプロトタイプ環境を用いたアジャイル方式でプロジェクトを進めます。ユーザを巻き込み、標準機能を最大限活用し、将来の運用変更にも柔軟に対応します。
お客様とのスムースな対話を実現するシナリオ作成力

お客様とのスムースな対話を実現する
シナリオ作成力

コンタクトセンター業務知見を最大限に活用し、トークスクリプトやチャット対応テンプレート作成ノウハウを活かすことで、お客様との対話をスムースに実現する、シナリオを作成します。
追加開発やAPI 連携は、ウォーターフォールで確実に開発

追加開発やAPI 連携は、
ウォーターフォールで確実に開発

専用方法論を用いて、標準機能導入とは別に、追加開発やAPI連携などの、開発が必要な機能については、ウォーターフォールモデルにより、確実にシステムを開発します。
導入プロジェクトからA-CRMチームへのシームレスな連携

導入プロジェクトからA-CRMチームへの
シームレスな連携

導入フェーズ未解決の重要な課題と、検討結果を引き継いで、A-CRMチームにシームレスに連携します。このことで、業務への適用力を最大化します。
他ソリューションとの連携によるオムニチャネルの実現

他ソリューションとの連携による
オムニチャネルの実現

コールリーズン分析、総合呼減施策、自己解決促進、オムニチャネルセンター実現などのテーマの一環として、CRMやChatBot・VoiceBot導入、外部FAQ最適化などを段階的かつ、連携導入可能です。
チャットボットソリューションのご紹介

チャットボットソリューションの
ご紹介

チャットボットソリューションは、チャットボット機能を活用することで顧客とのタッチポイント強化や有人対応コスト削減を実現するソリューションです。

ぜひこの機会に新たなコンタクトセンター の世界をご確認ください。

自動応答ソリューション に関するお問い合わせ

OFFICIAL SUPPORTER