DMP

 2021.02.14  コンタクトセンターの森

DMPとは、マーケティングを効率的に進めるための社内外のデータを統合するシステムです。目的が類似するシステムにDWHがありますが、DMPはDWHにオーディエンスデータの要素を加え、さらにマーケティングに最適化されています。

DMPで社内外のデータを統合して分析が可能に

DMPは「オープンDMP」と「プライベートDMP」の2種類に分類されています。

「オープンDMP」は、
クラウド型のプラットフォームに蓄積されたデータです。企業はこのデータを活用することで、顧客の関心・嗜好性といったオーディエンスデータを取得し、新規顧客や見込み客の調査に役立てることができます。

「プライベートDMP」は、オープンDMPの領域と企業が独自に構築してきたデータを統合するシステムです。オープンDMPとプライベートDMとの違いは、データは各企業で格納しているという点にあります。

近年におけるビッグデータやクラウド型システムの普及により、企業は自社に蓄積された
オペレーションデータ、CRMデータ、購買データだけではなく、Webサイトの閲覧履歴や検索履歴、ソーシャルメディアのデータといった外部のデータを取得できるようになりました。効率的、且つコストレスにマーケティング戦略を策定できる画期的なシステムといえます。

DMPに蓄積されたデータを用いることで顧客のニーズを知ることができる

DMPでは、自社と外部のデータを統合することで、マーケティング戦略の策定に役立つ多くのデータを入手することができます。中でも、企業に大きな恩恵をもたらす情報が“顧客の具体的なニーズ”です。

多くの顧客ニーズに関するデータからその因果関係を分析することで、商品開発をはじめとするさまざまな分野に活用できます。

顧客対応の最前線として膨大なデータを日夜蓄積し続けるコールセンターでは、外部データと内部データを結合させることで、より細かいところまで分析が可能になるので、DMP導入によるメリットは大きいと考えられます。

コンサルティングサービスの詳細こちら
https://www.cloud-contactcenter.jp/service/consulting