生成AIのメリットとは?
利点を生かした用途を具体例とともに紹介

 2024.05.21  2024.06.17

近年では、人工知能の一種である生成AIがビジネスで活用されるようになりました。この記事では、生成AIの導入によって得られるメリットや起こり得るデメリットのほか、メリットを生かした導入事例を解説します。生成AI関連技術やツールの導入を検討されている方は、参考にしてください。

生成AIのメリットとは? 利点を生かした用途を具体例とともに紹介

コンタクトセンターにおける生成AIチャットボットの活用効果とは?

生成AIの利用で得られるメリット

生成AIは、画像や音声などのコンテンツを作成できるため、その精度の高さや学習速度、使いやすさから重要視されるようになりました。企業が生成AIを利用することで、業務効率化や生産性向上などさまざまな効果を得られます。

作業効率・生産性が向上する

反復作業やアウトプットを人の手で行うと時間がかかり、ミスが生じる可能性もあります。また、業務時間の大半を単純作業が占めると従業員のモチベーションが低下し、仕事への不満につながりかねません。
これに対し、生成AIで単純作業を自動化すれば作業時間を短縮できるうえ、ミスの確認や訂正にかける時間も不要です。業務時間の大幅な削減により作業効率化が実現すれば、生産性向上も見込めます。そして、業績が向上すれば経営にも余裕が生じ、ビジネス拡大につなげられるかもしれません。

人員不足・業務負担の軽減につながる

生成AIに一部の業務を任せることで、人員不足の解消が可能です。すなわち、生成AIが業務を代替した分、従業員の空き時間が生じ、その時間は他の業務に充てられます。こうして内部の人員を必要な業務へ回せれば、新たな従業員の募集も要りません。従業員は、より高度かつ重要な仕事に注力できるようになります。
さらに、顧客とのやり取りなどの煩雑でストレスが多い業務を生成AIにより自動化すれば、従業員の負担軽減も可能です。業務効率化や負担軽減によってバランスの取れた働き方ができるようになり、仕事へのモチベーション向上、やりがいの創出につなげられます。また、労働環境が改善されることで、離職率も低下するはずです。

コスト削減効果を期待できる

生成AIを活用することで、工数や人件費など多くのコスト削減が可能です。生成AIは、人間に比べてさまざまな業務を迅速に行えます。人の手で行う必要がない業務の自動化により、手間や時間の大幅な削減と、それに伴う効率的な働き方が実現可能です。
さらに、人員不足を内部で補えるため、新規従業員を採用・教育する必要もなくなります。生成AIは操作性に優れたものが多く、特殊な知識や技術がなくとも利用できることから、操作に慣れるためのトレーニングなどもほとんど要りません。
これらの点から、これまでかかっていた経費を削減でき、浮いた予算は他のプロジェクトに回せます。

斬新なアイデアを創出できる可能性がある

企業の発展や向上につながる斬新なアイデアは、常に生み出せるわけではありません。しかし、生成AIは収集した膨大なデータを基に、画像や音声、文章などのさまざまなコンテンツを制作します。複数のコンテンツを迅速に生成できるので、クリエイティブで斬新なアイデア創出に役立つはずです。生成AIの作品が従業員への刺激となって、より画期的なアイデアを生み出せるかもしれません。
また、アイデア生成方法のひとつであるブレインストーミングは本来複数人で行われますが、生成AIを利用すれば一人でも効率的なアイデア生成が可能です。

顧客満足度の向上につながる

生成AIのメリットを受けられるのは、企業側だけではありません。企業の問い合わせ窓口をAIに任せれば、24時間365日の対応が可能です。顧客は待ち時間なくいつでも疑問を解消できるようになり、不満を感じにくくなります。
とはいえ、従来のAIは定められた範囲の回答しかできず、顧客対応を全面的に任せることは困難でした。この点、生成AIであれば想定外の質問への対応も可能です。たとえば、顧客の嗜好や行動パターン、やり取りの履歴を学習し、パーソナライズされた対話を行います。分析に基づき、定型文ではない的確な回答がなされることで、顧客の信頼や満足度も高められます。

ChatGPTをコールセンター業務で活用するためのサンプルプロンプト集
チャットボット製品市場調査

生成AIの利用で起こり得るデメリット

有効活用できる生成AIですが、必ずしもメリットばかりではありません。デメリットとして挙げられるのは、コンテンツの品質の不安定さやフェイク情報が生成される可能性です。
生成AIが生成するコンテンツは既存のデータを基にしているため、常に新しいアイデアを創出できるわけではありません。生成をひとつの指示を繰り返すうちに同じようなコンテンツばかりになり、斬新さや独自性は失われます。
また、生成AIを使えば、存在しない情報の生成が可能です。本物と区別がつかないフェイク情報は、詐欺やなりすましなどに悪用されるかもしれません。

生成AIのデメリットに関する詳細を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

【具体例】生成AIのメリットを生かした用途

さまざまな企業が生成AIを導入し、成果を上げています。以下では、生成AIのメリットを生かしている事例を紹介します。

商品企画にかかる工数・期間の削減

ある企業では、生成AIの導入によって商品企画期間の大幅な削減を見込んでいます。販売データやSNSでの消費者のコメント分析、企画書の作成に生成AIを使うことで、これまでかかっていた工数・期間を最大10分の1まで短縮できる見通しです。
消費者のニーズに合った商品のスピーディーな提供は、効率的なデータ分析や流行の正確な把握によって実現されます。さらには、単純業務を自動化し、作業時間を削減することで運営の効率化も目指しています。

AIタレントを起用した広告の作成

ある企業は、テレビCMにAIが生成したモデルを起用しました。AIのモデルは人間と区別がつかないほどで、そのクオリティが話題になりました。

AIタレントを起用するメリットは、CMのストーリーや企業イメージを反映させやすい点や、人間と比べて年齢や容姿を簡単に加工・修正できる点です。
有名人を起用する広告は、商品の認知度や売り上げを向上させられます。しかし、CMの使用期限がある場合も多く、有名人が不祥事を起こせば商品イメージにも影響が及びます。これに対し、AIタレントならば不祥事は起こさないため、CM差し替えコストもかかりません。

AIチャットボットで問い合わせへの対応自動化

社内外の問い合わせにAIチャットボットを導入した企業は、業務効率化や利便性の向上を実現しています。
ある企業が顧客からの問い合わせ対応をチャットボットで自動化したところ、気軽に問い合わせられることが好評となり、顧客は電話やメールよりもチャットボットを選択するようになりました。

また、別の企業では社内の問い合わせ対応にチャットボットを導入しました。これにより、数百人もの社員からの問い合わせにスムーズに対応できるようになりました。チャットボットで回答できない内容の質問については、有人チャットにつなげる仕組みになっています。

まとめ

多様なコンテンツを生み出せる生成AIは、フェイク情報の生成などのデメリットこそあるものの、業務効率化や顧客満足度の向上といったメリットが豊富に得られます。これにより、コミュニケーションや企画開発をはじめ、さまざまな分野で活用可能です。実際、商品企画の期間短縮や問い合わせ対応の円滑化など、多くの企業がメリットを生かしています。

生成AIの効率的な運用を望まれる方には、AIチャットボットがおすすめです。特にコンタクトセンターに生成AIチャットボットを導入することで、オペレーターの業務負担軽減や24時間の高度な問い合わせ対応、応答時間短縮などが可能になります。業務の改善に加え、顧客に高品質のサービスを提供することで企業のイメージや価値の向上も見込めるため、ぜひご検討ください。

New call-to-action

RECENT POST「トレンド」の最新記事


トレンド

生成AIの種類一覧! 企業におけるメリットや活用例も解説

トレンド

生成AIができることを用途別に解説! 利用するメリット・デメリットも紹介

トレンド

生成AIのビジネスでの活用事例は? メリットや業務効率化の方法も解説

トレンド

生成AIのデメリットとは? 問題となった事例、安心して使うための対策

生成AIのメリットとは? 利点を生かした用途を具体例とともに紹介
BellCloud+ご紹介資料
New call-to-action

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読のご案内

RANKING人気記事ランキング

AUTHOR執筆者

OFFICIAL SUPPORTER