コロナ禍におけるコンタクトセンターの在り方

 2021.10.06  衣笠 雄海

新型コロナウイルスの影響により、昨今コンタクトセンターでは様々な感染防止対策が取られています。コンタクトセンターでのワクチンの職域接種を行っている企業もあれば、センターのファシリティや働き方にも対策を講じているセンターもあります。
しかしながら、一般的には明確な感染防止の取り組み基準が定義されていないことから、現時点では各社様々な対策を講じている状況です。ここでは、第三者目線でコンタクトセンターを診断する視点から、コロナ感染対策のポイントを解説します。

この記事は限定公開です。

※こちらの記事の続きをご覧いただくには、下記ボタンをクリックの上フォームを送信してください。

執筆者紹介

衣笠 雄海
衣笠 雄海
新卒から約10年間コンタクトセンターの運用管理を経験。センター構築から業務改善、品質管理、PL管理を行い、最終的に1拠点のセンター長としてセンター管理も経験。その後コンサルティング部に異動し、上流及び業務コンサルティングを中心に業界問わず約20件程度のプロジェクトを経験し、現在はプロジェクトマネージャーとして様々なプロジェクトの全体管理を行っている。
CTA

RECENT POST「コンサルティング」の最新記事


コンサルティング

コールレポートを活用したコンタクトセンターマネジメント(基礎編)

コンサルティング

内製コンタクトセンターの課題を可視化するためには

コンサルティング

コールレポートを活用したコンタクトセンターマネジメント(応用編)

コンサルティング

自己診断によるクイックな自社コンタクトセンターアセスメント

コロナ禍におけるコンタクトセンターの在り方
CTA

RECENT POST 最新記事

CTA

RANKING人気記事ランキング

AUTHOR執筆者


OFFICIAL SUPPORTER