生成AIとコールデータ:新しいビジネス価値の創出方法

 2024.05.31  2024.06.17

デジタル時代における企業の成功は、データの有効活用に直結しています。特に、コールデータは顧客との直接的なコミュニケーションを捉え、重要なビジネス洞察を提供する貴重な資源です。前回の構造化データと非構造化データの違いを背景に、この記事では生成AIを利用してコールデータから新たなビジネス価値を創出する方法に焦点を当てます。

生成AIとコールデータ:新しいビジネス価値の創出方法

ここが知りたい!!~消費者アンケート調査レポート~ 消費者は生成AIでの顧客サービスを受け入れるのか?

生成AIの役割と機能

生成AI、特に自然言語処理(NLP)技術は、テキストデータを解析して意味を抽出し、新しいテキストを生成する能力を持っています。この技術は、顧客サービスの自動化、感情分析、顧客の意向を理解するために特に有効です。ビジネスプロセスにおいて、これらの技術を活用することで、顧客対応の精度を高め、カスタマイズされたサービスを提供することが可能になります。

生成AIの基礎となる技術の一つにトランスフォーマーモデルがあります。このモデルは、文脈を考慮しながら単語の関係性を学習し、より自然な文章を生成することができます。特に、GPT(Generative Pre-trained Transformer)は、大量のテキストデータで事前学習されたモデルで、様々なNLPタスクで高い性能を発揮します。これらの技術の進歩により、生成AIはより人間に近い自然な対話を生成できるようになり、顧客対応の質を大幅に向上させることが可能になっています。

ChatGPTをコールセンター業務で活用するためのサンプルプロンプト集
はじめてのPBX!まるわかりガイド

コールデータの価値とその分析方法

コールデータには顧客の声、感情、具体的な要求が含まれており、これを分析することで顧客の真のニーズを理解することができます。生成AIを用いてコールデータを分析することにより、大量のデータから有益な情報を迅速に抽出し、顧客満足度を向上させるための行動を導き出すことができます。例えば以下のような分析方法があります。

  • キーフレーズ抽出: 会話から重要なポイントやトピックを識別する
  • 感情分析: 音声のトーンや文脈を分析し、顧客の感情や満足度を評価する
  • 自動カテゴライズ: 問い合わせの内容を分析して自動的にカテゴリー分けを行い、トレンドや一般的な問題点を特定する

生成AIの導入プロセスと注意点

企業が生成AIを導入する際、Azure OpenAI ServiceやAWS上のClaude(Anthropic社のAI)のような学習済みモデルを利用することで、モデルの学習に時間と労力を割く必要がなくなります。ただし、APIを利用してアプリケーションを開発し、運用していく上では、以下のような点に注意が必要です。

  1. APIの選択と理解: 利用目的に合ったAPIを選択し、その機能と制限について十分に理解することが重要です。各APIのドキュメントを熟読し、サンプルコードを試すことで、APIの動作を把握しましょう。
  2. データの準備と入力: APIに入力するデータの形式と品質が、出力の質に大きく影響します。データを適切に前処理し、APIが扱いやすい形式に変換する必要があります。
  3. パラメータの調整: APIによっては、生成文章の長さや多様性などを制御するためのパラメータが用意されています。これらのパラメータを適切に調整することで、目的に合った出力を得ることができます。
  4. 出力の検証と品質管理: APIから得られた出力が、期待通りの品質であるかを検証する必要があります。不適切な内容が含まれていないか、文章としての自然さや一貫性があるかなどを確認し、必要に応じて修正を加えます。
  5. セキュリティとコンプライアンス: APIを通じて送信するデータのセキュリティと、APIの利用がコンプライアンスに適合しているかを確認します。機密情報の取り扱いには十分注意が必要です。
  6. コストの管理: APIの利用には料金がかかります。利用量を適切に管理し、不必要なコストが発生しないようにしましょう。
  7. 運用と監視: APIを利用したアプリケーションを運用する際は、定期的にパフォーマンスと出力の品質を監視し、必要に応じて改善を行います。APIのバージョンアップにも対応できるよう、柔軟性を持たせることが重要です。

これらの点に注意しつつ、Azure OpenAI APIやAWS上のClaudeを活用することで、企業は生成AIの機能をスムーズに自社のアプリケーションに組み込むことができるでしょう。ただし、APIを利用する場合でも、生成AIの出力をそのまま鵜呑みにするのではなく、人間の判断を交えながら活用することが重要です。

生成AIとコールデータを用いたマーケティング施策例

  • 顧客セグメンテーション: AIは購買データと通話データを統合分析し、顧客を異なるセグメントに分類します。これにより、特定のセグメントに合わせたマーケティング戦略を展開することができます。
  • キャンペーンの最適化: AIによる予測分析を通じて、どの顧客がどの商材に興味を持つ可能性が高いかを特定し、その情報を用いてターゲットとする顧客リストを自動生成します。

生成AI活用の将来展望

現在の生成AIは、文脈理解の難しさや長期的な一貫性の欠如など、いくつかの限界を抱えています。しかし、今後の技術の発展により、これらの課題が克服され、さらなるビジネス価値の創出が期待できます。

将来的には、生成AIとその他の技術、例えば音声認識、感情分析、画像認識などとの融合が進むでしょう。これにより、マルチモーダルなデータを統合的に分析し、より高度な顧客理解とパーソナライズされたサービス提供が可能になります。また、リアルタイムデータ処理技術との組み合わせにより、即時性の高い顧客対応やダイナミックなキャンペーン最適化なども実現できるかもしれません。

生成AIは、顧客対応の自動化や効率化を通じて、企業の生産性向上に大きく貢献すると期待されます。一方で、業務の自動化が雇用に与える影響など、社会的な側面についても考慮する必要があります。企業は、生成AIを責任を持って活用し、その恩恵を従業員や社会全体と共有していくことが求められるでしょう。

生成AIの進化と普及に伴い、その活用におけるガイドラインの整備も重要な課題となります。企業は、生成AIを適切かつ倫理的に活用するための方針を定め、その運用を徹底することが求められます。

まとめ

コールデータは顧客のニーズと行動を深く理解するための貴重なリソースで、マーケティングの精度と効果を大幅に向上させます。この大量のデータを解析し、戦略的な洞察に変換するには、生成AIの能力が必要不可欠となります。

生成AIは、データを単に処理するだけでなく、複雑な顧客データから有意義な洞察を引き出し、ビジネス戦略に直接リンクする提案を行うことが可能です。顧客のニーズを正確に把握し、それに基づいたパーソナライズされたアプローチで、マーケティング効果を最大化することが期待できます。

将来的には、生成AIと他の技術の統合により、さらなるビジネス価値の創出が期待されます。企業は、生成AIの社会的影響を考慮しながら、この技術を積極的に活用することが求められます。生成AIの実装と展開は、適切で倫理的な枠組みで行われるべきであり、それが今後の挑戦となるでしょう。

執筆者紹介

坂宗 純治 氏
坂宗 純治 氏
株式会社シンカー データエンジニアグループ リーダー
アナリティクスエンジニア

2017年にアスクル株式会社に新卒入社し、マーチャンダイジングとサーバーサイドエンジニアリングに従事。その後、株式会社シンカーにジョインし、データアナリストとして顧客データ分析業務を担当。
現在は、アナリティクスエンジニアとして、生成AIの活用や、Snowflake、Tableau、dbt、Troccoなどのモダンデータスタックを用いたデータ活用基盤の構築など、幅広い案件業務を推進しています。
これまでの経験を活かし、お客様目線に立ったデータ活用基盤の設計・構築や、生成AIを駆使した革新的な施策の立案・実行に注力しています。
ここが知りたい!!~消費者アンケート調査レポート~ 消費者は生成AIでの顧客サービスを受け入れるのか?

RECENT POST「プロフェッショナル」の最新記事


プロフェッショナル

基本から学ぶデータの種類:構造化データと非構造化データの違い

プロフェッショナル

データ活用のメリットとポイント | コンタクトセンターのデータを活かすには

プロフェッショナル

データ分析とは?分析手法やビジネスへ活用するためのポイントを紹介

プロフェッショナル

コンタクトセンターにおける顧客データ管理方法とは? 収集や保管の注意点と必須ツール

生成AIとコールデータ:新しいビジネス価値の創出方法
BellCloud+ご紹介資料
New call-to-action

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読のご案内

RANKING人気記事ランキング

AUTHOR執筆者

OFFICIAL SUPPORTER