テキスト生成AIとは何? 生成系AIを用いる利点と欠点

 2024.05.15  2024.05.21

ChatGPTを代表とするテキスト生成AIは、数ある生成AIサービスの中でも特に広い業種・業界での活用が期待できます。そこで本記事では、テキスト生成AIとは何かという基本知識をはじめ、ビジネスで注目されている理由や導入の利点・欠点などをわかりやすく解説します。

テキスト生成AIとは何? 生成系AIを用いる利点と欠点

ここが知りたい!!~消費者アンケート調査レポート~ 消費者は生成AIでの顧客サービスを受け入れるのか?

テキスト生成AIとは何?

テキスト生成AIとは、自然言語処理(NLP)や大規模言語モデル(LLM)といった技術を用いて、さまざまな種類のテキストを自動生成できる人工知能です。このAIは入力されたデータや前提条件を基に、新たな文章を創出します。たとえば、有名な「ChatGPT」もテキスト生成AIの一種です。

テキスト生成AIは、ユーザーからの質問や指示に応じて、文章の下書きや要約、翻訳から、プログラミング言語のコーディングまで、多様な方法で活用できます。そのため、ビジネスにおいても多くの企業が業務に取り入れ始めている状況です。

テキスト生成AIのビジネスにおける活用場面や導入の際の注意点については、以下の関連記事で詳しく解説しています。

ChatGPTをコールセンター業務で活用するためのサンプルプロンプト集
チャットボット製品市場調査

テキスト生成AIが注目されている理由

AI技術、特にテキスト生成AIが近年著しく注目を集めている背景には、AI市場全体の急速な拡大や、便利なAIサービスが次々と登場したことによる利用ハードルの低下が挙げられます。それぞれの概要は以下の通りです。

AI市場の急速な拡大

世界のAI市場は近年、驚異的な成長を遂げています。総務省のデータによれば、2022年の市場規模は前年比78.4%増の約18兆7,148億円に達する見込みで、この成長は少なくとも2030年まで加速度的に続くと予測されています。また、日本国内でもAI技術への投資は活発であり、2022年の市場規模は前年比35.5%増の約3,883億6,700万円でした。国内の市場成長もこのままさらに続き、2027年には1兆1,034億7,700万円規模にまでに達すると見込まれています。

このようにAI市場は、国内外で顕著に規模を拡大しており、テキスト生成AIを含むAI技術への投資は非常に盛り上がっている状況です。これに伴って、AI自体の研究・開発はもちろん、AI技術を利用した新たなデジタルサービスの開発なども期待されており、多くの企業がその先駆者となるべく動いています。

参照元:総務省|令和5年版 情報通信白書|第2部 情報通信分野の現状と課題 第9節AIの動向 市場概況 

利用ハードルの低下

テキスト生成AIの普及が急速に進んでいる理由のひとつが、AIの利用ハードルの低下です。「AI技術の活用」というと、従来は高度な専門知識を持った一握りの人間にしか手が出せないものでした。

しかし、昨今はChatGPTをはじめとするユーザーフレンドリーなサービスが次々と登場しており、多くの人々が手軽に利用できるようになっています。こうしたサービスでは、ユーザー側にプログラミングスキルなどは必要なく、「メールの下書きを書いて」などと日常的な言葉で指示をするだけで十分に活用可能です。

加えて、無料やオープンソースのプラットフォームが増加したことも、広範囲にわたるユーザーの獲得を促進しています。誰でも無料または低コストでテキスト生成AIを試せるようになり、結果としてプライベートシーンでもビジネスシーンでもAIが広く利用されるようになりました。

文章生成AIを活用する利点

文章生成AIを利用するビジネス上の利点としては、特に業務効率化とアイデアの発見という2つの側面が挙げられます。具体的にどのようなシーンで役立つのか、以下をご覧ください。

業務効率化につながる

ビジネスにおいて、文章を書かねばならない場面は数えきれないほど膨大です。議事録をつくったり、メールを返したりしているだけで、あっという間に業務時間が過ぎてしまうことも珍しくありません。テキスト生成AIの導入は、こうした文章作成に関連したあらゆる業務を効率化する可能性を秘めています。

テキスト生成AIを使えば、議事録やビジネスメールの下書きはもちろん、ブログ記事や広告のキャッチコピーの立案まで、さまざまな業務を短時間でこなすことが可能です。特に一定のテンプレートに従った文書の作成については、AIが人間と同等かそれ以上のクオリティを発揮することも多くあります。

これにより、従来は多くの時間や労力を費やしていた文章作成作業を効率化し、人件費の削減や業務品質の維持向上などにつなげることが可能です。

新しいアイデアにつながる

文章生成AIは、新しいアイデアの創出にも利用できます。AIは多様なデータソースから情報を取り入れ、さまざまな角度からのアプローチを提案できます。そのため、何か新しい製品や企画を考える際、AIをブレインストーミングの相手に選ぶことは非常に有効です。

たとえば、レストランの新メニューを考えたいのであれば、「夏の季節にあった新しいデザートを提案して」などと入力すれば、AIは次々と提案を挙げてくれます。そうしてAIが出したアイデアの中には、自分や自社の人間からは生み出しにくい案や、貴重なヒントが含まれているかもしれません。あるいは逆に、自分が発案したアイデアをAIに評価してもらい、改善点を指摘してもらうのも効果的です。

このように、AIは単なる業務効率化ツールに留まらず、イノベーションを促進するためのツールとしても役立ちます。

文章生成AIを活用する欠点

文章生成AIは業務効率化や新しいアイデアの創出に貢献する一方で、いくつかの重要な欠点も抱えています。これらの課題を理解しておくことは、AIを有効活用するために欠かせません。

品質が低い場合がある

文章生成AIは広範なテーマに対応可能ですが、特に専門性が求められる内容や複雑なテキストに関してはアウトプットのクオリティが低下する傾向があります。というのも、AIの回答精度は、学習データの量や質に大きく依存するからです。

また、AIの回答精度は、質問や指示の仕方(プロンプト)によっても左右されます。プロンプトの内容が曖昧であったり、必要な情報が足りなかったりすると、AIは質問の意図から外れた回答をしたり、特に参考にならない陳腐な回答をしたりすることが多くなりがちです。結果として、最初から自分で作成したり調べたりした方が早く解決できたということもありえます。

誤情報が含まれる場合がある

上記の欠点とも関連してよく指摘される問題が、AIの解答に誤情報が含まれている危険性です。テキスト生成AIは大量のデータを学習して回答に利用するため、その学習元のデータに誤りや矛盾が含まれている場合、生成されるテキストにも不正確な情報が反映されることがあります。したがって、事実を正確に伝える必要があるビジネス文書やニュース記事、学術的な内容をAIで生成する際は、特に慎重に確認しなければいけません。

このように、テキスト生成AIは非常に便利なツールですが、現状ではまだ、AIに生成させた文章を人間がダブルチェックしたり、手直ししたりする必要がある点にご注意ください。

特にChatGPTの欠点と対処方法について詳しく知りたい方は、こちらの記事もご参考にしてください。

まとめ

テキスト生成AIは、人間の指示に応じて多種多様な文章を生成してくれる人工知能です。このAIを活用することで、企業内に存在する文章や言葉を取り扱う業務を大幅に効率化できます。たとえばコンタクトセンターであれば、生成AIを活用して、今まで以上に柔軟かつ自然な受け答えができるチャットボットを実現することも可能です。今後さらにAI技術が進化していく中で、ビジネスにおいて業務効率化などを行うためにAIを活用する場面も増えていくものと予想されます。

New call-to-action

RECENT POST「トレンド」の最新記事


トレンド

文章生成AIとは何? 文章を自動生成する方法について解説

トレンド

生成AIのビジネスでの活用事例は? メリットや業務効率化の方法も解説

トレンド

生成AIとは何か簡単に解説! 従来の識別系AIとは何が違う?

トレンド

生成AIのデメリットとは? 問題となった事例、安心して使うための対策

テキスト生成AIとは何? 生成系AIを用いる利点と欠点
チャットボット製品市場調査
New call-to-action

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読のご案内

RANKING人気記事ランキング

AUTHOR執筆者

OFFICIAL SUPPORTER