文章生成AIとは何?
文章を自動生成する方法について解説

 2024.05.15  2024.05.23

ビジネスにおいて文章の作成業務は非常に頻繁に発生するため、生成AIを用いて効率化できないか検討している方は多いのではないでしょうか。そこで本記事では、文章生成AIに焦点を当てて、その概要や仕組み、活用事例、利用時の注意点などを解説します。本記事を読むことで、文章生成AIをビジネスで活用するためのヒントを得ることが可能です。

文章生成AIとは何? 文章を自動生成する方法について解説

ここが知りたい!!~消費者アンケート調査レポート~ 消費者は生成AIでの顧客サービスを受け入れるのか?

文章生成AIとは何か?

文章生成AIとは、自然言語処理技術を使って多種多様なテキストを自動生成できる人工知能です。この技術は、データベースやインターネット上の文章を機械学習し、ユーザーの質問や指示に応じて、あたかも人間が書いたかのような自然な文章を作成できます。その用途は実に多岐にわたり、メールの下書きからニュース記事の作成、果ては物語の執筆に至るまで、さまざまに活用可能です。

文章を自動生成する方法

文章生成AIの技術は大きく二つに分けられます。一方は「ルールベース型」、他方は「機械学習型」です。

ルールベース型の生成方法は、特定のルールや条件を事前に設定し、それに基づいて文章を生成する方式です。「If~then~else」といった条件分岐を使って、ユーザーの入力に対する適切な反応をプログラムします。この方式はシンプルで理解しやすく、特定の用途には非常に有効ですが、複雑な文脈やニュアンスを捉えるには限界があります。

一方、機械学習型は、大量のテキストデータを用いて、言語のパターンを学習します。この方法では、特に「深層学習」と呼ばれる技術が用いられ、データ内の隠れたパターンを自動で抽出し、より自然で流動的な文章を生成可能です。

さらに、生成AIのアウトプットの精度を上げる方法として、RAG(Retrieval-Augmented Generation:検索拡張生成)という技術も活用されています。RAGは機械学習型の一種で、生成する文章の質を向上させるために外部の情報源を検索して利用する技術です。この方法は、特定の事実やデータに基づく内容を生成するに際して非常に効果的であり、生成AIに専門性が高いテーマなどを扱わせたい場合などに役立ちます。

なお、文章生成AIの代表格であるOpenAIの「ChatGPT」は、インターネット上の膨大なコンテンツを学習データとして活用しています。これによってChatGPTは、ユーザーの多様な質問や指示に対して、人間らしい自然な文章で答えることを可能にしています。

ChatGPTの仕組みについて詳しくは、下記の記事をご参考にしてください。

無料ツールと有料ツールの違い

文章生成AIには、無料と有料のオプション(サービス)があります。一般的に、無料版と有料版の違いは、利用できる機能や使用回数などです。たとえば、ChatGPTの場合、無料版でも基本的な機能は使えますが、有料版ならば最新版の言語モデル(GPT-4)や、ChatGPTに独自のカスタマイズができる機能などを利用できます。また、ユーザーのアクセスが混雑している時間帯でも優先的に利用できるので、快適な利用が可能です。

このように、無料版と有料版では、利用可能な機能やサポートの範囲に大きな違いがあるため、利用目的やコストを踏まえて適切なプランを選択することが重要です。

ChatGPTをコールセンター業務で活用するためのサンプルプロンプト集
チャットボット製品市場調査

文章生成AIのビジネスにおける活用場面

文章生成AIは、ビジネスにおける以下のようなシーンで活用できます。

文書資料を作成する

文章生成AIは、ユーザーの指示に基づいて、ビジネスメールやプレゼン資料、議事録などの文書を迅速に作成できます。たとえば、「取引先に商談の延期を謝罪するメールの下書きを書いて」などとお願いすれば、その通りに丁寧な謝罪メールを作成してくれます。また、サービスによっては、単にテキスト形式で出力するだけでなく、その内容をスライドに反映させることも可能です。

このように文章生成AIを活用することで、従来は多くの時間と労力を要していた作業を大幅に短縮し、その他の重要な業務にリソースを割り振れるようになります。

新規のコンテンツを生み出す

広告のコピーライティング、あるいはWeb記事やメルマガの作成など、クリエイティブな分野でも生成AIは活用可能です。生成AIはユーザーの指示に応じ、さまざまなスタイルやトーンで文案を提示してくれます。文章の執筆そのものではなく、執筆テーマやコンテンツの構成(目次)などのアイデア出しをお願いするのも効果的です。

このように生成AIは、単純に業務を効率化するだけでなく、制作するコンテンツのクオリティ向上にも貢献します。

関数などを求める

文章生成AIは、日常的な言葉を操るだけでなく、プログラミングや関数の作成にも対応できます。たとえばChatGPTに頼めば、Excelで利用できるマクロのVBAコードを提案してくれます。また、こちらが記述したプログラムコードにバグなどがないか、AIにチェックしてもらうことも可能です。

これにより、高いスキルがない人間でも複雑な関数を利用したり、開発者がコーディングにかかる手間を削減したりできるようになります。

翻訳する

翻訳作業も、文章生成AIが得意とするところです。文章生成AIを利用すれば、簡単に外国語のビジネスメールを作成したり、資料を日本語訳したりできます。これらはもちろん、従来の翻訳ソフトでも可能ですが、ChatGPTのようなAIを使えば、自分が希望するトーンで訳してもらうことが可能です。たとえば論文なら論文調の文体で訳してもらえますし、「この単語は~と訳して」などと要望すれば、専門用語などもその通り訳してくれるので、訳の調整が簡単にできます。

ChatGPTの活用法や、生成AIの利点・欠点についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事もご参考にしてください。

文章生成AIを使用する上での注意点

多くの用途に役立つ文章生成AIですが、その使用に当たっては以下の点に注意が必要です。

著作権を侵害する危険がある

文章生成AIは公開されている情報をもとにして文章を生成するため、生成されたコンテンツが既存の著作物と類似してしまう場合があります。これにより、意図せず他者の著作権を侵害してしまう恐れがあるので、特に商用で生成AIを利用する際には注意しなければいけません。文章生成AIで作ったコンテンツを利用する際は、生成された内容がオリジナルであるかどうか慎重に確認しましょう。

参照資料:AIと著作権の関係等について(内閣府)

誤情報が含まれる危険性がある

文章生成AIは膨大な学習データをもとに文章を生成します。したがって、学習データの中に混じった誤情報に釣られて、AIが生成した内容の中にも誤情報や偏った内容が含まれてしまう恐れがあります。誤情報を公的に発信すると自社の信用が落ちてしまうこともあり得るので、必ず人間がファクトチェックを行い、情報の正確性を確認しましょう。

まとめ

文章生成AIは、ビジネス文書の作成や新規コンテンツの開発、プログラミングなど多様な用途に活用できます。文章生成AIを活用することで、言語の介在するさまざまな業務を効率化可能です。たとえばコンタクトセンターであれば、生成AIをチャットボットに活用し、問い合わせ対応の自動化や応答品質の向上などを実現できます。ユーザーの質問の意図を的確に汲み取り、やり取りの情報から学ぶことでパーソナライズされた応答を実現するなど、サービスの品質を上げていくことが可能です。

New call-to-action

RECENT POST「トレンド」の最新記事


トレンド

テキスト生成AIとは何? 生成系AIを用いる利点と欠点

トレンド

生成AIのビジネスでの活用事例は? メリットや業務効率化の方法も解説

トレンド

生成AIによる画像・イラストの作成| ビジネス活用について解説

トレンド

ChatGPTの企業での活用事例は?導入メリットや活用方法

文章生成AIとは何? 文章を自動生成する方法について解説
BellCloud+ご紹介資料
New call-to-action

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読のご案内

RANKING人気記事ランキング

AUTHOR執筆者

OFFICIAL SUPPORTER