クラウドPBXの費用相場はどのくらい?導入・運用にかかる費用を解説

 2022.10.20  2022.10.21

オフィスやコールセンターに電話運用システムを導入する場合、費用はなるべく抑えたいところでしょう。クラウドPBXは、費用を削減できるシステムとして近年注目を集めており、機能的にも優れた点が多くあります。そこで本記事では、クラウドPBXの導入・運用にかかる費用について、従来からあるビジネスフォンやPBXの費用相場にも触れながら解説します。

クラウドPBXの費用相場はどのくらい?導入・運用にかかる費用を解説

クラウドPBXの導入・運用にかかる費用について

クラウドPBXとは、社内の電話機をネットワークでつなぐPBX(Private Branch eXchange:構内交換機)を、クラウド環境に設置したシステムです。クラウド環境を利用するため、後述するビジネスフォンやPBXのシステムに比べ物理的な制約がなく、導入・運用に際しての費用面で有利です。

費用以外にもメリットが多く、スマートフォンの内線化により、スマートフォンから内線だけでなく発信・着信・保留・転送の操作を行えます。そのため、出先で代表番号を使用した外線をかけることで、機会損失の減少にもつなげられます。タブレットやパソコンも内線化により、場所を問わず電話として使用可能です。

ここからは、クラウドPBXの導入・運用にかかる主な費用である、初期費用・月額基本料金・通話料について解説します。

初期費用とは

初期費用は、クラウドPBXの導入に必要な費用です。サーバー設定と登録、ネットワーク構築、電話機同士接続のシステム設定費用が主なものです。電話機を従来機の流用ではなく、一緒に新規で導入する場合は、それも初期費用に含まれます。

クラウドPBXは、ビジネスフォンやPBXでは必要な初期費用となる、電話機を接続する交換機の設置費用や回線工事費用がかからないのが特徴です。

月額基本料金とは

月額基本料金は、クラウドPBXシステムを利用するために毎月定額でかかる費用です。利用するユーザー数(内線の数)や機能により料金が決まります。また、「03」「06」「050」「0120」など、取得する番号によっても料金が変わります。

通話料とは

通話料は、外線を利用した通話にかかる料金です。クラウドPBXの外線通話料は多くの場合、固定電話よりも安く設定されています。業者による料金の違いはあまりありません。

なお、クラウドPBXには自動録音や自動音声対応(IVR)、電話会議などさまざまなオプション機能があり、それらを利用する場合は別途オプション利用料金がかかります。

いまさら聞けない!PBXの基礎知識からトレンドまでを徹底解説
CRMソリューションのご紹介

クラウドPBXの費用相場は? ビジネスフォンやPBXと比較

ここでは、クラウドPBXの導入・運用にかかる費用の相場と、比較対象であるビジネスフォンやPBXの費用相場をご紹介します。

クラウドPBXの費用相場

クラウドPBXの費用相場は以下の通りです。

  • 電話機:3~4万円程度(中古機は1~2万円程度)
  • サーバー設定費用:2~5万円程度
  • 通話料:3分8円程度
  • 運用コスト(月額基本料金):1回線あたり1,000~3,000円程度
  • 交換機代、工事費は不要

ビジネスフォンの費用相場

ビジネスフォンとは、社内に設置したPBXを用いて各電話機を有線接続し、一元管理するシステムです。これにより複数の電話機が回線を共有し、外線・内線に接続できます。利用対象の規模は100台程度までで、接続できる周辺機器はそれほど多くありません。

ビジネスフォンの費用相場は以下の通りです。

  • 電話機:3~4万円程度(中古機は1~2万円程度)
  • 交換機:10~20万円程度
  • 工事費:5~10万円程度
  • 通話料:3分8円程度
  • 運用コストは不要

PBXの費用相場

文字通りPBXを使った社内電話を一元管理するシステムです。ビジネスフォンと同じように思えますが、以下のような違いがあります。

まず、利用対象の規模はビジネスフォンより大きく、PBXは数千台まで接続可能です。そのため、設置するPBXの価格もビジネスフォンより高額になります。また、接続できる周辺機器はビジネスフォンより豊富です。

PBXには、大きく分けて「レガシーPBX」と呼ばれるタイプと、「IP-PBX」と呼ばれるタイプの2種類があります。レガシーPBXは歴史が古く、後発のPBXと区別するために「レガシー(遺産)」と名付けられています。数千台規模までの内線接続ができるのが特徴で、複数ある拠点の回線もひとつにまとめられるため実用性が高く、中小企業から大企業まで幅広く導入されています。

一方、IP-PBXは電話回線でなくIPネットワーク(社内LAN)を使用する方式です。電話とパソコンの連携や通話内容の保存など、通話以外の機能面が充実しているのが特徴です。

PBXの費用相場は以下の通りです。レガシーPBXとIP-PBXでは相場に開きがあり、また規模にもよるため、範囲は広めになります。

  • 電話機:3~4万円程度(中古機は1~2万円程度)
  • 交換機:50万~数千万円程度
  • 工事費:10万~数百万円程度
  • 通話料:3分8円程度
  • 運用コストは不要

クラウドPBXなら導入にかかる費用を削減できる

ここまで、クラウドPBXにかかる費用相場に加え、ビジネスフォンとPBXの費用相場も紹介してきました。最後に、クラウドPBXの導入により削減できる費用について解説します。

まず、クラウドPBXは交換機が不要なので、導入費用や設置工事費用がかかりません。電話機の購入費用については新規で1台3~4万円程度と前述しましたが、社員のスマートフォンを業務用に使用したり、電話アプリをパソコンにインストールし、パソコンにヘッドセットを接続して会話したりする方法もあります。こうした手段をとれるのがクラウドPBXの強みであり、これにより電話機代のカットも可能です。このように、導入費用に関してはサーバーの設定費用のみで済ませられるため、ビジネスフォン・PBXに比べ大幅に削減できます。

運用については月額基本料金・通話料・オプション料金がかかりますが、月額基本料金とオプション料金は少額です。通話料に関しても、内線化したスマートフォンやタブレットはもちろん、離れた場所でもインターネットにつながっていれば内線として使える利点があります。国際電話もインターネット回線を使うことで通話料低減が可能です。

また、各種機能の設定変更についても、クラウドPBXであればブラウザで容易に行えるため、メンテナンス費用の削減にもつながります。さらに、もし社内の配置換えやオフィスの移転をする場合、クラウドPBXならば機器の配線工事や配置換えなどが不要となり、費用がかかりません。

まとめ

クラウドPBXの費用相場と併せ、ビジネスフォン・PBXについても解説しました。クラウドPBXは交換機の費用と工事費用がかからず、導入費用を大幅に削減できるのがメリットです。また、社員のスマートフォンを内線化すれば、電話機の導入費用や通話料も抑えられます。通話料以外にも、物理的な場所をとらないため運用面で有利な点が多々あり、メンテナンス費用や移転の際の費用までも削減可能です。

ベルシステム24が提供するクラウド型のコールセンターシステムは、先進のクラウドテクノロジーによってコスト面のメリットと高い信頼性を両立させています。月額基本料金に含まれるサービスとして、レポート機能やエージェント管理機能、通話録音・再生・検索機能、電話機貸し出し、システム運用・保守などがあります。さらにオプションとして、IVR機能やCRM連携、ほか多数の有用なサービスも選択可能です。クラウドPBXの導入をお考えの方は、ぜひご検討ください。

はじめてのPBX!まるわかりガイド

RECENT POST「課題・ソリューション」の最新記事


課題・ソリューション

クラウドPBXとは? 導入メリットとデメリット、選び方を解説

課題・ソリューション

IP-PBXとはどんなものか? 導入にあたってのポイントや費用を解説

課題・ソリューション

クラウドPBXは無料で利用できる? 知っておくべき無料の限界とは

課題・ソリューション

クラウドPBXでコールセンター構築する仕組みとは? メリットと選ぶ基準

クラウドPBXの費用相場はどのくらい?導入・運用にかかる費用を解説
はじめてのPBX!まるわかりガイド
コンタクトセンターの最新トレンドまるわかりガイド ~今、おさえておきたいコンタクトセンターの最新トレンドと テクノロジーとは?~

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読のご案内

RANKING人気記事ランキング

AUTHOR執筆者


OFFICIAL SUPPORTER