いまやナレッジマネジメントは不可避!プロが語る高度化に導く方法論とは?

 2022.03.15  北岡 豪史

労働人口の減少とともに人の採用は難しくなっています。一方でコンタクトセンターに求められる役割は多様化し、運用のハードルは上がり続けます。センターの現場にはたくさんの課題がありますが、これを人海戦術で解決し続けるのは容易なことではなく、センターの維持すらできなくなるリスクがあります。それを解決するための、ナレッジマネージメントの方法論や手法について解説します。

この記事は限定公開です。

※こちらの記事の続きをご覧いただくには、下記ボタンをクリックの上フォームを送信してください。

執筆者紹介

北岡 豪史
北岡 豪史
新卒から、コンサルティング会社にて、さまざな業種・業界向けの、ビジネスコンサルティングや大規模パッケージ導入プロジェクトに携わる。2012年に入社後は、アウトソーサーの先行業務設計部隊を母体に、ビジネス&ソリューションコンサルティングの専門部隊を率いながら、「実現するコンサルティング」を目指し、自らコンサルタントとしても、お客様ビジネスの改革・改善に取り組む。 中小企業診断士、応用情報技術者、Salesforce Sevice / Sales / Experience Cloud 認定コンサルタント
CRMソリューションのご紹介

RECENT POST「プロフェッショナル」の最新記事


プロフェッショナル

コールレポートを活用したコンタクトセンターマネジメント(応用編)

プロフェッショナル

自己診断によるクイックな自社コンタクトセンターアセスメント

プロフェッショナル

コンタクトセンターにおける電話回線と付加サービスの基礎知識

プロフェッショナル

CX向上につながるオペレータ支援機能導入のコツ

いまやナレッジマネジメントは不可避!プロが語る高度化に導く方法論とは?
BellCloud+ご紹介資料
今、おさえておきたいコンタクトセンターの最新トレンドとテクノロジーとは?

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読のご案内

RANKING人気記事ランキング

AUTHOR執筆者


OFFICIAL SUPPORTER